等級認定の取得方法

等級認定を受けるには、事前認定と被害者請求という二種類の手続きから選択する必要があります。事前認定とは、相手方が任意に契約している保険会社が自賠責分も立替えて一括支払いをするシステムで、相手方の保険会社が一括払いの過程で後遺障害等級の認定手続きを肩代わりしてくれます。被害者自らが書類や資料を揃える必要がないため、手間が省けて便利ですが、書類の不備や検査不足の指摘など、保険会社の担当者が被害者に適正な等級が認定されるようなアドバイスをすることはほとんどないため、不安が残ることもあります。

被害者請求は、被害者の側から自賠責保険会社に対して、後遺障害等級認定を直接申請する方法です。被害者請求は、被害者側から直接自賠責保険に請求するため、被害者側が自ら書類や資料を揃える手間が発生します。しかし、その分、適正な認定がなされるよう、専門家に依頼し、提出資料や書類の内容を精査した上で申請することが可能になります。また、事前認定の場合は、手続きが完了しても後遺障害等級が認定されるだけですが、被害者請求の場合は認定された等級に応じた自賠責の限度額を、任意保険会社との示談を待たずに先取りできることも、大きなメリットの一つです。